多汗症治療の方法

クリニックを探すポイント

多汗症治療の幾つかの方法

多汗症治療には幾つかの方法があります。まず汗管を閉塞させて発汗を少なくさせる塩化アルミニウム外用療法です。自宅で行う事が出来ますが、効果は一過性なので持続させるには継続する事が必要です。また水道水を手のひらや足の裏に浸して、そこに微弱の電流を流して汗をつくらせないようにするイオントフォレーシス療法もあります。これは保険が適用される治療法です。これらの多汗症治療を行っても改善しない場合にはボツリヌス毒素局注療法などもあります。

クリニックの凄い情報

↑PAGE TOP